2009/04/15

桜のある風景2009 その2

昨日に続き、今日も‘桜‘cherryblossomの写真、、、、
撮りだめしてあったやつを、ブログにUPしてみよう。うん。smokingsmile
これまた撮った場所や日時はバラバラなんでアレですが、、、
これがほんとの今年の‘桜‘cherryblossomの見納めです(?)。。。(○゚ε゚○)





Sakura005







Sakura006







Sakura007







Sakura008







Sakura009







‘桜‘cherryblossomが咲いてるだけで、風景がほんと華やかになりますねー。confident
いつもの景色が、なんだか違ったものに見えてきます。。。
いやはや、‘桜‘cherryblossomってほんと、日本人のココロをとらえてはなさないっすよね。
マジで癒されます。。。catface


で、こーゆう‘桜のある風景‘をのちのちの後世にまでちゃんと
残してゆかなきゃいけないっすよねー、ワタシたち。(。・w・。 )
‘桜‘cherryblossomをはじめ、こーゆう大自然の風景を「美しい」って思う気持ちって、
けっこう大事。wink
きっと忘れちゃいけないと思うであります。。。


‘桜‘cherryblossom、今年もキレイに咲いてくれて、ありがとう。catface

また来年!。good










| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/04/14

桜のある風景2009 その1

久しぶりに、今日は雨・・。rain
おかげで桜cherryblossomも散ってしまった感じですねー・・。Σ(;・∀・)

あっという間に今年の桜cherryblossomも見納め。。。smokingconfident
って事で、デジカメからの蔵出し写真を一挙、公開!。
(撮った日時も、場所も、どれもバラバラですが。。。(゚ー゚;   )

Sakura001





Sakura002





Sakura003





Sakura004





もはやなにも言葉はいらないね。。。
cherryblossomがそこにあるだけで、なぜかココロが癒されます。confidentheart04
散りゆく桜cherryblossomが名残惜しいね。。。

(*´ェ`*) フフ








| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/07/08

あの日、僕らの命はトイレットぺーパーよりも軽かった

新聞のテレビ欄でこの番組名が妙に気になって、
さっきまでこのドラマtvを見てました。think

『あの日、僕らの命はトイレットぺーパーよりも軽かった』
   ~カウラ捕虜収容所からの大脱走~

 ※番組HPは、コチラ


戦争モノのお話は、今まで学校で習ったことや、映画slateや本bookで知ったことなど、
概要的なことは何度もeye目にしたり、ear耳にしたりしてきたけど・・・、
この「カウラ事件」というのは、今日はじめて知った事件だったっすね。despair

‘生きる‘ための脱走ではなく、‘死ぬ‘ための脱走・・、
こんな哀しい理由があるなんて・・。weep

「敵の捕虜になるくらいなら‘死‘せよ」みたいな‘戦陣訓‘なんて言い出されても、
今を生きてるワタシからしてみれば微塵も理解できない、、、
単純に「なんて馬鹿な、愚かな考えを・・。」とかも思ってしまう勢い。gawk

でも、それは決して言ってはいけない・・ってゆーか言えない言葉っすよね。thinksweat01
今のこの世の中だからこそ容易にそんなことを言えてしまうのであって、、、、
というより、むしろあの当時の方々のほうが本当に‘生きる‘という意味と、
本当に‘死ぬ‘という意味を、より理解してたし、深く深く考えようとしてたと思う。。。

・・てゆーか、‘戦争‘というものの現実を何も知らないワタシが、
こんな安っぽい言葉を並べて感想なんか述べること自体するべきではないのかも・・?。
それは当時を生きた方々に対し、逆におこがまし過ぎるだろって思いました。。。
うん。think


ワタシが子どもの頃、今は亡きじいちゃんから戦争の頃の話を聞いたことがあります。
その時のじいちゃんの、少し遠くを見ながらボソリボソリ喋ってたあの時の顔が、
ちょっと思い出されました。thinksweat01
時間は‘戦争‘を遠い過去のことにしていったとしても、
じいちゃんのココロの中ではまるで‘昨日‘のことのようだったのかも???。
地雷の爆風にあわられた時、若かりし頃のじいちゃんの盾になってくれた、
名も知らない方がいたことをj感謝しなきゃね。
うん。bearing

生き延びてくれて、ありがとう。

命をつないでくれて、ありがとう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)